スパコン 担当者こそ問題だったんじゃなかろうか

スーパーコンピュータが一位になったことで、
事業仕分けの時の蓮舫大臣の質問が繰り返し放送されているが、
今見ても不思議に思うことは、
担当省庁(文科省?)への批判を聞かないこと。
当時ノーベル賞受賞者が
「何にも分からない女の子が」と批判があったように、
専門外の人間ということと事業仕訳という性質を考えれば、
”血税をつかって一位を目指さなければならない理由”を聞くこと自体は
そんな問題のある発言とは感じない。
それよりも担当省庁の人間が、
一位を目指さなければならない理由を返答できないことのが、
相当問題なんじゃと思っていたところ、科学者による記者会見が開かれた。
科学者の皆さんにしても、
満足に返答できない担当省庁の不甲斐なさに
さぞご立腹かと思いきや、
批判のひの字もなく、
それどころが擁護するかのように質問を「2位でいいと言っている人がいる」と内容をかえ、
「ただの女の子が」といった悪口が飛び出してきた。
担当省庁が腹いせに開いたんじゃないかと思うような会見に不審を抱いたかな。
科学者に。

一位を目指さなければならない理由について、
説得力ある説明をしていたとしても、
事業仕分けの結果は同じだっただろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック